地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、米子の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

米子の地域情報サイト「まいぷれ」米子

米子(米子市・境港市・日吉津村・大山町・南部町・伯耆町・日南町・日野町・江府町)エリア選択

山陰スピリチュアル紀行

神名火山「朝日山」に登る

佐太神社~朝日山

朝日山:344m ~松江市鹿島町古浦の登山口より~

出雲国風土記 秋鹿郡神名火山『郡家の東北九里四十歩の所にある。高さは二百三十丈、周りは十一里ある。いわゆる佐太大神(さだのおおかみ)の社は、その山の麓にある。』と記されている朝日山。

 

山頂下に朝日寺と休憩所もあり、登りやすい山なので老若男女問わず人気の里山です。

 

今回は秋に実施した朝日山登山の模様をお伝えいたします。

佐太神社

9:00 佐太神社の駐車場に集合し、佐太神社にお参りしました。この時11月21日から25日まで行われる「神在祭」の準備が進められていました。

 

本殿前に設置された拝殿を整えておられた権宮司の石橋さんに少しだけお話しをうかがいました。

 

仮設の拝殿の周りにはアオキが巡らされており、その理由は諸説あるとのこと、神事が始まってからではわからないところでした。

黄金しじみくじ

所在地:島根県松江市鹿島町佐陀宮内73

お参りを終え、登山口に向かいます。

 

秋晴れで最高の山日和。この時期の朝日山は山頂下にある朝日寺の紅葉がとても美しく、初めて登る人にとっては紅葉の穴場なのです。

 

9:30 古浦側の登山口駐車場から出発。今回の参加者のほとんどはアウトドア派ではなく、山登りが初めてのメンバーもいました。そんな初心者の心強い味方、整備された石段(!)が目の前にそびえたちます(^o^;;

 

これは…、何度もここを登っている私も辛い。長いのよ、540段あるのだそうです。一畑薬師の約半分、それでも登り始めには脚に来ます。

 

さて、この登山道は中国自然歩道として整備されています。海に近いにも関わらず、歩き進めると奥深い森の中を歩いているような気分になります。11月も中旬を過ぎているのですが、木々の葉は未だ青々としています。

少し進むと、「十五(いちご)曲がり」とかわいくネーミングされた山道に変わります。

 

右左と蛇行しながら登っていくので、何だか退屈しない。カーブの数を数えながらあっという間に曲がりきると「あとちょんぼだけんね。」の励ましの立て札。

 

ここを少し登ると「西の峰」と「朝日寺」の分かれ道にたどり着く。せっかくなので「西の峰」も制覇しようということで、お地蔵様が並ぶ札打ちの道を歩いて344mの西の峰へ。

すると、「トトロのこみち」と書かれた森の小径に出ました。

 

木漏れ日が気持ちいい。西の峰からは宍道湖の南、出雲の神名樋山「仏経山」が見え、北側には日本海の大海原。さあ、もうひと頑張り、朝日寺と東の峰へ。

 

途中、開けた場所に古い祠があり『朝日山の権現様』と書かれています。見ると、ここが朝日寺の大元となる場所で朝日山権現様をお祀りしているとあります。

 

パワーをいただき、あともう少し。朝日寺が近づくにつれ、ちらちらと紅葉が目に入る。

「朝日山権現様」の前で。自然とこのポーズ

11:20 朝日寺に到着青空と自然の紅、これだけでも登ってきた疲れが吹っ飛びます。

 

今年は1週間から10日ほど紅葉が遅いようですが、本当に燃えるような紅葉の大木が見事です。

ひとしきり写真を撮ったあとは、ランチの時間。東の峰まで10分程歩きます。

 

たどり着いた東の峰からは宍道湖一望、遠くに大山も見ることができました。松江平野も眼下に広がります。

松江平野、中央部の山左手に嵩山、中央に和久羅山、その奥に大山

さて、今回の山ゴハン“八百万マーケットの神々の祝い飯・しじみのパエリア”“江津のブランド豚、まる姫ポークのソーセージのスープ”

 

お米から作って煮込むだけ。お味は最高! パエリアはアウトドアに最適です!

約2時間、山頂で景色とランチを楽しんで13時50分下山開始。14時30分には登山口に帰ってきました。

 

登山口まで車で来れて山頂まで約1時間。日本海と宍道湖の眺望が手軽に楽しめる。また温かくなったら登ってみたい、そんなオススメの山です。

 

今回初めて山登りに挑戦した山本さんから感想をいただきました。

朝日山登山の感想

 

ちょっときつめの上り坂上がるだけで息が上がっちゃうほど体力に自信がなさ過ぎて、今まで登山企画があっても参加できていませんでした。

 

でも、今回思い切って参加してみて良かったです。

 

ゆっくりしたペースで登ってもらえたし(多分コースも初心者向けだったのかな?)想像していたよりも楽に上がれました。

 

何よりも、登らなくては見られなかった景色が絶景でした。その景色を眺めながらのランチも最高!

 

ストックも買ったし、社☆ガールの登山企画は初心者でも大丈夫なレベルの山だよっと聞いたので、また次の企画には参加してみたいと思います。

所在地:島根県松江市鹿島町古浦2140

(2024.03.28)

協力:岡 寿美子 (社☆ガール)

※取材時点の情報です。掲載している情報が変更になっている場合がありますので、詳しくは電話等で事前にご確認ください。

この記事に関するキーワード

人気のキーワード