地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、米子の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

米子の地域情報サイト「まいぷれ」米子

米子(米子市・境港市・日吉津村・大山町・南部町・伯耆町・日南町・日野町・江府町)エリア選択

ふるさと納税で日本を元気に!~日吉津村~

【丸平珈琲】コーヒーセット/ドリップコーヒーセット/<定期便>丸平珈琲コーヒーセット

のんでみて!“冷めてもおいしい珈琲” 

冷めてもおいしい珈琲のヒミツ・・・

冷めたコーヒーって、酸味がでてきて飲みにくくなったり風味が落ちてしまいますよね。でも丸平珈琲さんのこだわりは「冷めてもおいしい」ところ。

 

焙煎の時間と温度の調整をして、豆の中までしっかり火を通すことで、酸味がでにくく冷めても美味しい珈琲が飲めるわけなんです!

オーナーの金田 俊平(かねだ しゅんぺい)さん

丸平珈琲は2010年にオープンしました。

前職は全く別ジャンルの仕事でしたが、退職後、日吉津村内にある喫茶店のオーナーから「引き継ぐもんがおらんけん、やってごさんか」(引き継ぐ人がいないから、やってくれないか)と話しがあり、悩んだ結果そのお店の味、「冷めてもおいしい珈琲」の味を受け継ぐことになりました。

はじめは、豆の販売だけしていましたが、知人の勧めもありカフェスペースもオープンすることになりました。

起業から、カフェのオープンまで周囲の方々のアドバイスや人とのつながりで今の自分があるんです。と金田さん。

初めて来たとは思えない、落ち着く空間がそこにある・・・

日吉津村の住宅街の一角に佇む、丸平珈琲さん。

カフェの隣には焙煎室がありお店に入る前から珈琲の良い香りがただよっています。

お店にはいると、なんともいえない居心地の良さ。

 

木をふんだんに使用した建物で、店内にはグリーンのソファやたくさんの観
葉植物、センスある小物のチョイス・・・森林浴にきたかのような落ち着く空間です。

コーヒーカップで味が変わる?!

珈琲はカップによっても風味や味わいが変わる!

 

「飲み口が広がっているカップと、飲み口が狭くなっているカップでは香りや味わいが違うんです。

感じ方には個人差がありますが、その時の気分でカップを変えて飲んでみるのも楽しいですね。」そうおっしゃる金田さん。

 

■実際に飲み比べてみました

ビックリ!!!ホントに違う!!!

3種類のカップを用意してくださったのですが、それぞれのんでみると香りや味の感じ方が変わりました。

好みがあるので一概にどのカップが良いとは言えませんが、飲み口が狭いカップは香りが強く味も濃く感じ、逆に飲み口が広がっているカップはスッキリと飲みやすく感じました。

 

 

 

お礼の品一覧

発送 常温

※ご注文の際に、豆か粉かお選びください。

 

14,000円以上のご寄附をいただいた方に、以下の特産品をお送りします。

丸平珈琲 コーヒーセット

おすすめ珈琲3種類(150g程度×3袋)

14,000円以上のご寄附をいただいた方に、以下の特産品をお送りします。

丸平珈琲 ドリップコーヒー3箱(5袋×3箱)

39,000以上のご寄附をいただいた方に、以下の特産品をお送りします。

<定期便>季節のオススメコーヒー3種【3回お届け】

1回あたり(150g程度×3種)

1回目:丸平珈琲ブレンド、ブラジルイタリアンロースト、ガテマラ
2回目、3回目は季節に合ったオススメを組み合わせてお届けします
※豆の価格変動により容量が前後することがございますがご了承ください。

この記事に関するキーワード