地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、米子の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

米子の地域情報サイト「まいぷれ」米子

米子(米子市・境港市・日吉津村・大山町・南部町・伯耆町・日南町・日野町・江府町)エリア選択

J39がとてもお得!

 greeniche米子店(グリニッチ)のニュース

J39がとてもお得!
9/1〜12/31まで
fredericiaのJ39がなんと20%OFF!

かなりお得ですよね。
北欧好きにはたまらないニュースです。

J39とは?という方に簡単にご説明。

このJ39は、1942年にモーエンセンがFDBに入って与えられた「庶民の為に、末永く愛される安価で高品質な椅子を」という課題に対して 5年の歳月をかけて作り上げた作品です。

必要最低限なパーツによる簡易的な組み立てと手編みが必要なペーパーコードを使用することにより、 市民にも手伝いを求め、歩合制により賃金を支払い、市民の生活を確保しました。

組み立てに参加した市民には郵便局員や八百屋など、 本来、家具職人とは関係のない人まで参加し、さらにモーエンセンは導入されたばかりの大型工具を使用し可能な部分を工業化することで、徹底的に生産コストも抑えました。

庶民の為だけに家具を作るのではなく、その家具に携わる人々も幸せにする。 モーエンセンは家具を通して、全ての人たちをより豊かにしたかったのではないでしょうか。

デザインは、アメリカのシェーカー教徒が教会で使っていた椅子をその当時に合わせてリデザインしたもので、 この頃、リデザインを実現します。

シェーカー家具の特徴でもあるまっすぐに伸びた脚や 組み立ての際に特別な工具などを必要としない 簡素な造りをそのままに、一切の無駄をなくした 「近代北欧家具デザインの父」であるクリントの正当な弟子として その教えの全てを結集したデザインになっています。

簡素な組み立てといっても木と木の接合はしっかりとしており、さらに枠を段違いに取り付けることでペーパーコードの座面に傾斜が付き、 深く腰掛けた時に体への負担が少ないよう配慮されています。

そんな背景や機能的な椅子だからこそ、「人々の椅子」として デザインが完成してから70年以上経った今でも生産され、愛され続ける名作椅子なのではないでしょうか。

Fredericiaの家具はこちら
インテリア・雑貨・家具[インテリア家具・小物の製造・販売]

greeniche米子店(グリニッチ)

greeniche
最新のニュース一覧へ
口コミ

このお店・施設に行ったことがありますか?

あなたの体験や感想を投稿してみましょう。

人気のキーワード