地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、米子の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

米子の地域情報サイト「まいぷれ」米子

米子(米子市・境港市・日吉津村・大山町・南部町・伯耆町・日南町・日野町・江府町)エリア選択
営業状況につきましては、ご利用の際に店舗・施設にお問い合わせください。

”得する英語 知っておきたいこんな表現”  第3回 時間について

 ホワイトデールのニュース

英語でデール「”得する英語 知っておきたいこんな表現”  第3回 時間について」

英語でデール

おはようございます。
ホワイトデールの大森です。

ここでは”得する英語 知っておきたいこんな表現”として
文法的には?だけどコミュニケーションは取れる
そんな英語をお伝えしていきます。

第3回は 「時間について」です。

前回の第2回では、「体調について」でした
”How do you feel?” どのような痛みを感じます?
”What do you think about your condition?” 体の調子はどうです?
といった聞き方について、「痛み」を例に説明しました。

さて今回は「時間」について考えてみます。

昔、中学校で習ったのが
What time is it now? いま、何時?でしたよね

痛みを時間に置き換えると
「いつ?」「なにをしたとき?」?のような
痛みを感じた(感じる)時間帯について答えることになります。

「いつ?」では
"When do you feel pain?"
「何時ごろ、感じます?」といったような質問では
→"At morning" や "As I wake up" 朝や起きた時
と答えることになろうかと思います。

それをすこし文章にすると
”I feel pain at morning” 午前中痛、みを感じる
”During rolling, I feel pain” 寝返りの際、痛みを感じる
といった表現ができます。

さらに時間経過等も付け加えるなら
”When I get up from floor, I feel pain” 床から立ち上がる際、痛みを感じる
”I still have pain” いまだに痛みがある 
”My pain continue till I stop waliking” 歩くのをやめるまで痛みが続く

時間を表現する時につかうことの多い when/ still /continueなんか用いると
痛みの表現が具体的になると思います。

さて痛みを感じる時間を説明することは、私達セラピストにとって
施術を行う上で、有益な情報となります。

痛みに悩まれている方は
「どういった時に痛みを感じるのか」
「痛みを感じる時間帯は」
といった質問について、自分の言葉で説明できるようになると
より効率的な施術・治療につながるかもしれません。

次回は「場所」について、考えていきたいと思います。
最後までお読みいただきありがとうございます。

ホワイトデール ホームページ
英語学習は失敗を恐れないことです。
ホワイトデールカレンダー
最新のニュース一覧へ
口コミ(5件)一覧へ