地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、米子の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

米子の地域情報サイト「まいぷれ」米子

10月22日は、衆議院議員総選挙と最高裁判所裁判官国民審査の投票日です

10月22日は、衆議院議員総選挙と最高裁判所裁判官国民審査の投票日です

平成29年10月22日(日曜日)に、衆議院議員総選挙と最高裁判所裁判官国民審査が執行されます。
忘れず投票しましょう。

選挙当日に、仕事や旅行、病気などの理由で投票に行けない方でも、期日前投票や不在者投票を行なうことで前もって投票することができます。

リンク 期日前投票
リンク 不在者投票

海外に在住する日本人で米子市の在外選挙人名簿に登録されている方は、衆議院議員小選挙区選出議員選挙と衆議院比例代表選出議員選挙の投票ができます。

リンク 在外投票

投票日・時間

平成29年10月22日(日曜日) 午前7時から午後8時

ただし、本宮公民館及び上淀公民館は、投票終了時間が午後7時ですのでご注意ください。

リンク … 衆議院議員総選挙・最高裁判所裁判官国民審査の日程

投票できるかた

平成11年10月23日以前に生まれ、平成29年7月9日までに米子市に住民登録の届出をし、引き続き米子市に住所を有する方が投票できます。

市外から米子市へ転入してきた方

平成29年7月10日以降に米子市へ転入届を出された方は、米子市で投票はできません。
ただし、前住所地の選挙人名簿に登録されていれば、前住所地で投票できます。
くわしくは、前住所地の市区町村の選挙管理委員会へお問い合わせください。

米子市外に転出した方・転出する方

平成29年7月10日以降に米子市から新しい住所となる市区町村に転入届を出した方や出される方は、転出先の選挙人名簿には登録されません。
米子市の選挙人名簿に登録されている方(新住所地で登録されているかたを除く。)は、今回の選挙は米子市での投票となります。

次の方法で投票することができます。

  1. 投票日に米子市で投票する。
  2. 投票日前日までに米子市で期日前投票をする。
  3. 転出先の選挙管理委員会で米子市の不在者投票をする。

投票場所

投票は、市内43か所の投票所で行なわれます。
投票所入場券(ハガキ)に、投票所が書いてありますので、ご確認ください。
第29投票区の投票所が、五千石多目的研修集会施設から五千石小学校(体育館)に変わりますので、ご注意ください。

リンク … 投票所が変わります…(第29投票所)
リンク … 投票所…(全投票所)

米子市内で転居した方の投票場所

米子市の選挙人名簿に登録のある方で、平成29年9月28日までに米子市内での引越しの届出をされた方は、新住所の投票所での投票になります。
平成29年9月29日以降に届出をされた方は、旧住所の投票所での投票になります。
投票所入場券(ハガキ)をご確認ください。

投票所入場券は、1人分ずつ切り離してご持参ください

投票所入場券(ハガキ)は、世帯ごとに1通あたり3人の選挙人を記載します。
1人分ずつ切り離してご持参ください。

リンク … 選挙の投票所入場券が変わります(平成23年1月)

投票所入場券がないときや、なくしたときは?

投票所入場券(ハガキ)は、選挙人に対し選挙があることをお知らせすることと、投票所で選挙人名簿の本人照合をスムーズに行なうためのものですので、届いていない場合やなくしてしまったときでも、選挙人名簿に登録されていれば投票できます。
投票所で受付の係員に申し出てください。

配達期間

平成29年10月11日(水曜日)から10月14日(土曜日)まで

この期間に入場券が届かない場合は、選挙管理委員会にお問い合わせください。
なお、10月6日(金曜日)までに転居の届出をされた方は、新住所に届きます。
また、入場券をなくされたときは、投票所でご本人が申し出てください。その場で再発行します。

投票するときの注意事項は?

投票用紙に正しくはっきりとご記入ください。

  • 「小選挙区選出議員選挙」の投票用紙は、ピンク色です。候補者1名の氏名を正しく記入してください。

  • 「比例代表選出議員選挙」の投票用紙は、あさぎ色です。政党名または政治団体の名称(略称可)を正しく記入してください。

  • 「最高裁判所裁判官国民審査」の投票用紙は、うぐいす色です。裁判官氏名が印刷されていますので、やめさせたほうがよいと思う裁判官の欄に「×印」をしてください。

記号や応援メッセージなどを書いた場合、無効となることがあります。大切な1票が無効票とならないために、次のことにご注意ください。

  • 余分なことを記載しない
    候補者の氏名等を正しく記載していながら、余分なことが記載されているために、無効票となってしまう投票もあります。

  • 候補者の氏名等を間違って記載した場合は訂正を
    間違えた場合は2本線で消して、横に正しいものをお書きください。

新しい投票用紙と交換することもできます。
投票所係員にお申し出ください。

文字が書けない方は、代理投票ができます

病気などの理由で自分で書くことができない方は、投票所で係員に申し出てください。係員が代わりに候補者の氏名を書きます。
代理投票に立ち会った係員は、投票の内容を他人には絶対に漏らしません。