地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、米子の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

米子の地域情報サイト「まいぷれ」米子

まいぷれ学校

新茶のおいしい飲み方とおだんご教室

2008年5月 新茶のおいしい飲み方とおだんご教室

新茶の香りを楽しみましょう


今回は、新茶の美味しいこの時期ならではの教室を開催しました。美味しい新茶にはやっぱりお団子!家庭でもできる簡単なお団子作りを教えてもらいました。

今回の講師は、宿禰餅本舗 坂根屋の坂根先生、葉楽Kotoの原先生に色々丁寧に教えていただきました♪ありがとうございます。

さてはて、今回の教室の様子はどんなですかね。

『お団子とお餅の違いを知っている人、手を上げてくださ~い?』 しーん。。。

見たいな感じで参加者全員がお菓子作りは初めてということでみなさん最初は少し緊張気味でした。
ちなみに、お団子の原料は普通お米で、お餅はもち米で作るものだそうです。
皆さん、知ってました?

最初に坂根先生にお手本を見せてもらいました。 本来は蒸すお団子を、今回はなんと電子レンジを使って簡単手軽な方法で作りました。
本当にできるのか少々不安でしたが、原料を混ぜた液体にラップをかけてレンジで6分チン!
あつあつのお団子の塊が出来上がりました。すごく弾力があり、直ぐにでも食べれそうです。
あとはお団子の塊を丸くこねて串にさして串団子の出来上がり。 トッピングはみたらしと餡子ときなこでした。
あったかくてとっても美味しそう!
フライパンでかるく焦げ目をつけてもおいしいそうです。
お団子の塊作りは少し苦戦し、先生の手も借りましたが、形作りからは終始皆さんの笑顔が絶えませんでした。

先生が材料を沢山持ってきてくださいましたので、参加者の皆さんにお土産の大サービスをしてくれました。
こうして、串団子と柏餅と白玉団子を上手に沢山作る事ができました。

新茶のおいしい飲み方教室

《新茶のおいしい飲み方》

1.
お湯を沸騰させる
2.1人前の葉っぱの量は、3g
3.湯冷ましで3~1回沸騰したお湯を移す
          →適当な温度
4.急須にお湯を入れて3分待つ
5.その間にお菓子を食べる
6.お茶を入れて飲む

続いて、自分で作ったお団子を持って伝承館内の松籟邸に移動しました。
しっとり雨の振る茶室は思っていた以上に和の雰囲気が漂い、癒されます。

お煎茶づくりの先生は葉楽Kotoの原義浩先生でした。

お茶ができるまでの工程、お茶の種類、お茶の栄養を講義してもらいました。
乾燥させたり、蒸したり、冷やしたり、焼いたりと、一つのお茶を作るのにすごく沢山の工程を経ていることにびっくりしました。

また、島根県は日本で2番目に煎茶の消費量が多い県だそうです。 (ちなみに1位は石川県の金沢だそうです。)どうやら城下町であること。銘菓が沢山あるところが上位のようです。

早くお団子を食べたくてみんなの目線はお菓子のほうばかり。。
それでは、いよいよお団子と美味しい煎茶の試食会です !!
自ら作ったお団子の味は格別のようでした。 沢山作ったお団子を全部食べられたお客様のいらっしゃいました。

いろいろ流派や考え方は沢山あるようですが、一番大事なのはとにかく楽しみながら飲むということでした。和菓子と煎茶を茶室で食す。日本の和の文化に触れることのできた一日でした。

教室に参加していただきました皆様いかがでしたか?家でもチャレンジしてみてくださいね。

人気のキーワード