地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、米子の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

米子の地域情報サイト「まいぷれ」米子

まいぷれ学校

紅茶&紅茶に合うクッキーを作ってみよう教室

2008年2月 紅茶&紅茶に合うクッキーを作ってみよう教室

紅茶とともにゆったりとした時間を・・・


2月のまいぷれ教室は、紅茶とお菓子のコラボレーション『紅茶&紅茶に合うクッキーを作ってみよう教室』を開催しました。紅茶教室は、まいぷれ学校スタートした頃より、ご要望が多い教室でした。やっと実現できて、まいぷれ編集部も感無量!!です♪

さて、今回の講師は、ロンネフェルトティーブティック松江の仙田先生、パティスリーガレットの武田先生、そして場所は、National Living Plazaさんにご協力いただきました。

今回の教室の様子はどんなですかね。

紅茶に合う手作りクッキー教室

『シンプルなものほど難しいけれど美味しいものが出来あがる』とパティスリーガレットの武田先生から一言。
う~んなるほど!

今回は、3種類のクッキーに挑戦です。『ショコラクッキー』『ゴマの塩味クッキー』『アーモンドクッキー』それぞれにバターの固さや混ぜ方のコツがあり、目からウロコでした♪
最初は、シナモンショコラクッキーからスタートです。お菓子作りって、力仕事ですよね。バターを練る時や材料を混ぜる時は、ソフトでいて力がいるんです!
シナモンショコラクッキーは、生地を丸めてのばし棒状にしたものを茶紙かサランラップでまるめます。その後、冷やして固めたものを切って、オーブンで15~20分焼いてできあがりです。
先生から細かい指導を受けながら順調にできあがりました。

オリジナリティーを出す為に、シナモンは、お好みで量をかげんしてもOKですよ。
お次は、『ゴマの塩味クッキー』 塩味クッキーって?どんな味なのかな?しょっぱいの?

それでは、私がお答えします。さっぱりとしてゴマの風味が活きててサクサク軽くておいしいんですよ!!
はじめて食べたのですが、とってもおいしかったです。
【ゴマの塩味クッキー材料 20~30粒】
バター無塩  70g
グラニュー糖 30g
生クリーム  18cc
卵白      18g
薄力粉     85g
黒いりゴマ  10g
塩       適量
ク ッキーが焼きあがる時のいい香りったら、そして、どんなおいしいクッキーができあがるのか、オープンをあけるのがみんなとっても待ち遠しかったです。

紅茶のおいしい入れ方教室

まずは、講師のロンネフェルトティーブティック松江の仙田先生に作っていただいた『アイスイルイボスティー』を試飲しました。クッキー教室で喉がカラカラだったので、とても美味しくいただきました。ルイボス茶は、ミネラル、鉄分が豊富で、整腸作用があるんですよ。花粉症にも効果的で、最近話題のお茶です。

この日、用意していただいたバーボンバニラというティーには、甘いクッキーが合うそうです。また、甘いティーには、さっぱり系のおつまみがよく合うそうです。お茶にも色々あるんですね。
紅茶ができあがるまで

摘む→ちぢれさせる→揉む→発酵→乾燥→ふるいわけ→ブレンド

という7つの工程から紅茶の葉ができるのです。
まずは、ティーポットに湯通しし、茶葉を計りで3gを測定。湯通しした湯を捨て、ポットに茶葉を入れ、150ccのお湯をそそぎます。
タイマーで3分待って温めておいたカップに注いで出来上がり!

紅茶教室の途中で、クッキーが随時焼きあがってきたので焼きたてクッキーと美味しい紅茶でくつろぎのティータイム。
講師さんに質問しながら和気藹々と時間が過ぎました。
家庭で美味しくクッキーを作るコツ、紅茶の正しい入れ方など充実した教室を終えることができました。

人気のキーワード