地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、米子の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

米子の地域情報サイト「まいぷれ」米子

まいぷれ学校

バレンタインチョコ&ラッピング&コーヒー教室

2008年1月 バレンタインチョコ&ラッピング&コーヒー教室

愛情を込めた手作りチョコを・・・


2008年はじめてのまいぷれ教室は、『バレンタインチョコ&ラッピング&コーヒー教室』を行いました。
今回の講師の皆さんは、クレール洋菓子店さん、ギフティスミカワさん、珈琲工房コパンさん、そして場所は、vovolook(ビボルック)さんにご協力いただきました。

甘い香りと珈琲のいい香りに包まれた、楽しい教室となりました。
今回の手作りチョコは、簡単でいて、そしておいしいがキーワード!バレンタインデーにプレゼントしたら、「えぇ!!!これって手作りなの~?」って驚かれること間違いありません!
さてさて、みなさんの腕前はどんな様子ですかね。

手作りバレンタインチョコ

クレール洋菓子店の矢田先生、女性ばかりの教室でやや緊張のご様子でしたが、優しく丁寧に教えてくださいました。
まずは、「カップ生チョコ」に挑戦です。
しかし、いつもお菓子を作る時に思うのですが、お菓子作りって温度や計量が大事な繊細な作業ですよね。

最初に、生クリームと牛乳を火にかけて温めます。卵黄4個分を混ぜておき、温めた牛乳と生クリームを卵黄の中に少しづつ入れ混ぜ合わせます。それを鍋に戻し、沸騰しないように気をつけながらかき混ぜます。ここで沸騰してしまうと、卵黄が固まってしまい、口当たりが悪くなるそうです。
そして、チョコと分量1/3ずつ混ぜ合わせていきます。混ざったら裏ごし器にかけて、カップに入れて冷蔵庫で3時間冷やせば、とってもおいしいカップ生チョコの完成で~す♪
つぎは、簡単トリュフ。お好みでココアパウダーや粉砂糖やナッツをまぶしてできあがり!ガナッシュクリームの固さは生クリームでお好みに調節ができるそうです。自分の好きな固さで作ってもいいそうです。

ラッピング教室

チョコができあがったら、今度はかわいらしくラッピングの授業です。
ギフティスミカワのちあき先生にコツを教えていただきました。やわらかい素材のペーパーとアミをうまく組み合わせてかわいらしいギフトラッピングのできあがりです。
上の部分をふわぁとさせるのがポイントだそうです。こんなかわいいラッピングの中からおいしいチョコが出てきたら、うれしいな~!

コーヒー教室

さてさてお次は、珈琲工房コパンさんの珈琲教室です。円錐ドリッパーを使っておいしい珈琲の入れ方を教わりました。円錐ドリッパーってとってもおいしい珈琲が入るんですよ。びっくりです。
お湯の温度も大切、そして何よりも大切なのは、豆!珈琲豆が古いとお湯を入れたときにぷくっ~と膨らまないんですよ!!新鮮な豆は、ぷくぅ~っと膨らんでくるんですよ!色々なことにこだわっておいしい珈琲ができるんですね。自分で入れた珈琲は、ほんと美味しかったです。
そして、コパンブレンドとモカとマンデリンの三種類のコーヒーを飲み比べてみました。それぞれ豆の特徴が違い、自分の好みの味を知るきっかけになりました。わたしの好みは、ちなみにコクと甘さがほどよいコパンブレンドかな(*^。^*)

参加いただいた方、今回の教室楽しんでいただけたでしょうか。時間的に余裕がなく、駆け足だったのですが、お家でぜひおいしい手作りチョコを作っていただき、そしてかわいくラッピングし、大切な方にプレゼントしてくださいね。

人気のキーワード