地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、米子の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

米子の地域情報サイト「まいぷれ」米子

まいぷれ学校

手ごねパン&手軽にできる簡単スープ教室

2009年10月 まいぷれ学校【米子】

【今月の講師】
Moga(モガ)の高下先生
助っ人pandaパンの本田先生
MOMO&MIKIの原田先生

手ごねパン&手軽にできる簡単スープ教室

パン作り初めての方もいらっしゃいました
パン作り初めての方もいらっしゃいました
今回は、お家カフェ『Moga』さんにて、「手ごねパン&手軽にできる簡単スープ教室」を開催しました。
8名の参加者が4名ずつに分かれてスタートしました。
腰を入れてこねます
腰を入れてこねます
時間の関係上、生地をこねるところから教えていただきました。
卵、強力粉1/2、砂糖、水、イーストを木ベラでかきまぜ、グルテンのねばりがでたら、残りの強力粉を入れ、塩、バターを加え粉っぽさがなくなるまで、手早く混ぜます。
混ざったら、生地をとり出しこねていきます。
こねる時は、手の平全体でこねるのではなく、親指の下のふくらみのところで、しっかりとこねていきます。
こね台についた生地は、指ではなくスケッパーという道具でとります。
指に生地がくっついてしまうと、とれにくくなり、すばやくこねる事ができなくなってしまうからだそうです。ここポイントですね(*^。^*)
高下先生
高下先生
バターの分離や生地の乾燥を防ぐため、手早さ重要になってきます。
「30cmくらいしっかり伸ばしてこねて下さいね」の先生の言葉に

「えーっ!!そんなに~!!」と生徒さんから驚きの声が・・・

「こうすることにより、生地がキレイになり扱いやすくなるからね」と先生の答えに
皆さん納得!
次は、V字にコネコネ。力もいる作業なので、生徒さんも大変そうです。
「腰を振りながら圧をかけるとウエストのエクササイズにもなるのよ」と先生の言葉に笑いもこぼれ、みんなで腰をふりながら楽しそうにコネコネしていらっしゃいました。
手が温かい人は、コネ上がりも早くよい生地ができるそうです。生徒さんの中には、とても温かい手の方がいらっしゃって、「本当に温かい手ねぇ~あなたは。パン作りに適してるわ」と先生からお褒めの言葉!?が(*^。^*)ありました。
つるんとした生地
つるんとした生地
ちゃんとコネられているか、先生のチェックタイム♪
生地を伸ばして薄くし、穴があいて破れなければOK!
「あなたは、あと10回コネてね」
「あなたはあと20回」と指導していただき、皆さん無事に合格
合格した後は、一次発酵タイムです。発酵器の中へinします。
☆発酵器がない場合☆
専用の発酵器がなくても、最近のオーブンレンジには発酵機能のついているものがあるのでご安心を。
また、これからの時期は、こたつや湯せんでもできます。こたつでする場合は、温度が上がり過ぎないように気をつけることが大事だそうです。
原田先生
原田先生
この発酵の時間を利用して、高下先生から計量時の注意点やレシピには書いてない豆知識などのお話しを聞きました。
そして、MOMO&MIKIの原田先生にバトンタッチして、「手軽にできる簡単スープ」の作り方を教えていただきます。
たっぷりの野菜で栄養満点
たっぷりの野菜で栄養満点
今回は時間の関係上、先生に材料を切ったものをご用意いただきました。
13種類の野菜を約8mm角に切ったものを皆さんに見ていただき、お鍋の中に投入します。

種類の多さに皆さんから
「えーっ!!すごい!!!」と驚きの声か。
「スープは、この野菜を使わなければいけないという決まりはないので、お家にある野菜ならなんでもいいんですよ」と先生。
これだったら冷蔵庫の残り物の整理にもってこい!
栄養も満点だし、一石二鳥ですね

煮込みスタート
煮込みスタート
スープと言っても、たくさん水を入れて煮込むのではなく、ひたひたよりすこし少なめに入れ、塩を入れることで野菜の浸透圧で水かさも増え、野菜の甘みや旨味が出て調味料を使わなくてもとってもおいしいそうです。
初めは強火で、後は弱火でコトコトと蒸し煮を開始♪
発酵OK
発酵OK
さて、ここで一次発酵していたパンをフィンガーテストします。フィンガーテストというのは、生地に指で穴をあけ、あけた穴が戻らなければ発酵OKです。
生地もいい感じに発酵されました。テスト後、ガス抜きし、生地を計量し分割しました。
生地が乾燥しないよう、濡れた布巾で残りの生地を覆いながら手際よく分割していきます。
表面は張るようにし、底はガス抜けし過ぎないように、巾着の口のようにします。そして10分間のベンチタイムで生地を休ませます。
ベンチタイムが終わったら、一つずつめん棒で、真ん中から上、真ん中から下の手順で伸ばしていきます。
となりの生地と少し間をあけレンジ天板にのせます。トッピングにツナとコーンをのせ、ラップ濡れ布巾ををかぶせ発酵器へ入れ、二次発酵へ・・・。(20~25分)
めん棒で伸ばしていきます
めん棒で伸ばしていきます
今回はツナとコーンをトッピング♪
今回はツナとコーンをトッピング♪
この時間を利用して、原田先生から食育のお話をして頂きました。
最近はハウス栽培や農薬の問題などで、野菜のビタミンが昔の半分以下だそうです。大地の恵みのミネラルも不足しているため、栄養がとれているようでいて実際は不足している場合があるそうです。
人間の身体は、食べ物でできているので旬の新鮮なものをバランスよく食べると内からの力もつき、自然治癒力もついてくるそうです。食事はとても大切だということを再認識できました。
とてもいい話で、参加された皆様も熱心に聞いていらっしゃいました。

さて、パンはどうなったでしょうか・・・。
ふくらんできました♪
ふくらんできました♪
焼きたてパンのいい香りがしてきました。
オーブンから出し、パセリをふりかけてできあがり♪
ナイスタイミングで、スープもいい感じにできあがりました。
パンとスープの教室で、大忙しの工程で色々苦戦もありましたが、愛情いっぱいのパンができて、出来上がったときの皆さんの感動も大きかったようです。
とってもおいしそうにできました~
とってもおいしそうにできました~
いただきます♪
いただきます♪
とってもおいしい
とってもおいしい
皆さんお待ちかねのご試食Time☆です。
今日の感想を楽しそうに話ながら、できあがったパンをおいしそうに召し上がっていらっしゃいました。

そこで、皆さんにインタヴューをしてみました。
「生地が生きているみたいで楽しかった」
「パン作り初めてなのでうまく出来るか心配だったけど、失敗しなくてよかった」
「初心者でもこんなにうまくできたので、家でも作ってみたい」といううれしい感想を頂きました。

参加いただいた皆さん、先生、お疲れさまでした。

人気のキーワード